速達の日数は土日を挟むと?市内なら当日?東京→大阪なら翌日?

急ぎの書類や手紙などは速達でできるだけ早く相手に届けたいですよね。

緊急性の高い物だからこそ、到着する日がいつになるかを知っておきたい気持ちが強くなりますよね!

ここでは、速達で郵便を出したときにかかる日数についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

速達の日数 土日を挟むとどうなる?

速達の日数で、特に気になるのが土日を挟んだときですよね。

例えば、土曜日にポストに速達で出して日曜日に配達ってされるのかな?

日曜日にだして月曜日には到着するのかな?

など不安になると思います。

基本的には、速達は翌日には届くことが多く、さらに速達の郵便は土日祝日を含めて全ての日に配達が行われています。

ですので、土曜日に出そうが、日曜日に出そうが、翌日が祝日であろうが、平日と同じように相手には配達されますので安心してください。

ただ、ポストへの投函で速達を出した場合は、ポストへの集配の回数が平日より少ない場合があるので注意が必要です。

ポストへの投函の時間がその日の最終回収時間を過ぎてしまっていたり窓口でも夜遅くに出すと翌日配達が難しい可能性もあります。

確実に相手に早く届けたい場合は、午前中の早めの時間に本局などの大きな窓口に直接出しに行くことをお勧めします。

速達の日数 市内なら当日に届く?

速達で出したときに市内なら当日に届かないのかな?と思う方も多いと思います。

答えとしては、

運が良ければ(条件がそろっていれば)当日に届く場合もある

ということです。

いろいろ調べたなかでも、、同市内への速達で当日に到着したケースもありましたが、数は少ないようですので、あまり過度な期待はしない方がいいかもしれません。

「当日に到着すればラッキー!」くらいかと思います。

当日に届く可能性がある条件としては、

・朝6時などの早い時間に出す
・ポスト投函なら朝早くにだして、かつ、すぐ回収にくる時間である
・差出人と送り先の集配を管轄する郵便局が同じである
・全ての手紙が一度集められる本局などの窓口でだす
・天候がよく交通事情も特に問題がない
・離島などではない

スポンサードリンク

などが挙げられます。

なので、どうしても当日に届けたい場合は、できるだけ大きな郵便局の窓口に朝早くに出しに行って当日に到着するかを郵便局の方に確認してみましょう。

「うまくいけば届くかもしれない」なのか、もしくは「集配の局が違うから明日になりますね〜」など目安になる情報を教えてもらえると思います。

あくまで速達は「普通郵便よりも早くお届けする」というサービスであって、当日配達を保証するサービスではないので、「急いでるんです!確実に今日届けられますか!?」などと強く迫らないようにしてくださいね!

速達の日数 東京から大阪は翌日にはつく?

それではここで例として、東京と大阪間で郵便物を速達でだしたときに
翌日に到着するかを見ていきたいと思います。

想定として、東京丸の内の「東京ビルティング」が所在する丸の内2丁目から大阪梅田の阪急ビルがある大阪市北区角田町へ書類を送るとしますね。

この場合

、速達をつけない普通の郵便物でも、午後17時までに窓口にだした場合は翌日に到着すると郵便局のHPに記載されています。

ただし、普通郵便の場合は平日と土曜日のみの配達なので、日曜や祝日を挟む場合は注意が必要です。

速達にすると正午までに郵便窓口に出すと翌日午前には到着 、午後17時までに郵便窓口にだしても翌日午前には到着するという感じになっています。

速達なら、土日祝日関係なく配達してくれて、普通郵便よりも早く到着します。

郵便局のHPの「お届け日数を調べる」というところで送り主とお届け先の両方の郵便番号を入れて到着までの日数を検索することができますので詳しくはそちらを利用してくださいね。

各郵便局ごとに速達の受付締め切り時間が異なるので、「遅くても何時までに窓口にだせば、、速達で翌日に届く便に間に合いますか?」と先に出す予定の郵便局に電話などで確認しておくと安心ですね!

まとめ

今回は速達の日数についてまとめてきました。

基本的には翌日に届くことが多い速達ですが、ポストへの投函だと収集の時間の関係で遅れたり料金不足などで戻ってきてしまうこともあります。

確実なのは、早めの時間にできるだけ大きい郵便局の窓口に出しに行って、、、料金を計算してもらう方法。

その時にいつぐらいに到着予定かを一緒に聞いてみると安心できますね!

<注目記事>
2017年6月の郵便料金改定で何がどう変わる?わかりやすく解説!
コンビニで買える切手の種類は?大手5社を実際に調査!封筒ごとの切手料金も紹介!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。