>  >  > P.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント

P.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント

P.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント【人気火が続き】

沸騰ブランドP.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント

【送料無料】アルファード 20系 ドアパネル6点セット カラー:ベージュ シルクロード【代引不可】,アクレ[acre] ブレーキパッド ■リアルレーシング Real-Racing リア品番:210 ◆【ホンダ フィット・フィットハイブリッド・フィットシャトル】 【GE8 (RS MT車除く)】 【1500cc】 【リヤはディスク車のみ設定有】,RG/レーシングギア ブレーキパッド リア SS 品番:906 ファミリア Sワゴン プレマシー レーザー リデア MS-6 RX-7 BJ5W BJ8W BJFW CP8W CPEW BJ5PF BJ5WF他,エンドレス ブレーキパッド ホンダ シビック H19.3~ FD2 (TYPE-R) 一台分セット TYPE R EP450 EP312.【店内全品対象 P2倍&クーポン】ブレーキパッド 取付セット projectμ フロント NS-C 86 ZN6 (GT) プロジェクトミュー プロミュー ブレーキパット 送料無料 ブレーキパッド

P.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント【人気火が続き】

沸騰ブランドP.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント

P.MU EURO ECO Mercedes-Benz S124(Wagon) 220TE 124082 92/10~ フロント UCF20/UCF21 BRIDE/ブリッド シートカバー

2018-02-19

[タモリ倶楽部]マンホールの歴史。デザインや形、真実の口もマンホール?

      2017/09

マンホールのこと、知ってますか??

こんにちは!!

 

みなさんが普段道を歩いていて、ふと下を見たらたくさんあるマンホール。

 

あまり気にすることも無いかもしれませんが、、よくよく見てみると色んな種類があるのをご存知でしょうか??

 

というわけで、今まであまり気に留めもしなかったかもしれない「マンホール」について、今日はお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

マンホールの歴史

マンホールと言えば下水道への穴の蓋。

 

つまり下水道の歴史と隣接している部分が大きいのだが、下水道は紀元前5000年ごろのメソポタミア文明から存在すると言われている。

 

つまり、その頃からマンホールの歴史も始まっていると言えるのだ。

 

そして、日本では1881年〜1884年ごろにかけて、神奈川や東京を中心にマンホールの使用が始まった。

 

歴史全体としては、日本にマンホールが取り入れられたのは随分最近のことのようだ。

 

有名な”口”も実はマンホール?

意外なのが、オードリー・ヘップバーンの映画「ローマの休日」に出てくる「真実の口」。

 

実はあれ、ただの石像ではなく古代ローマで使用されていたマンホールなのだそう。

 

つまり、オードリーはマンホールに手を入れていた、ということに…。

なんだかまた違った印象を受けますね。

 

マンホールは何故丸い?

これは有名な話かもしれませんが、マンホールが丸いのには理由があります。

 

そもそもマンホールとは、文字通りマン(人間)ホール(穴)、つまり人間が通るための穴な訳で、下水道に作業しに行くための通路でもあります。

 

その通路の蓋がもし四角いと、斜めにズレたりした場合に落下したり、あるいは角に当たったりするととても危険!!

 

そこで斜めになっても滑り落ちないように丸くしてあります。

 

また、サイズそのものも穴の方が蓋よりも小さいため

、落ちる心配はありません。

 

マンホールの強度

マンホールを何気なく見てみると、その上を車や人が行ったり来たり。

 

何の心配もなくみんなが踏んで行っていますが、それはマンホールの強度のおかげ。

 

マンホールは橋と同じ強度で作られているため、みんなが安心してその上を通過できるわけですね!!

 

色んな種類があるマンホール

マンホールといえば、暗い色合いの地味なイメージですが、最近ではそれが一変しています。

 

観光地などでも有名ですが、マンホールにその土地に関連したモノをデザインしたマンホールが今では多く存在します。

 

その人気はなかなかのものらしく、愛好家も増えてマンホールを目的に観光する方もいるようです。

 

今日からチラッと見てみよう!

普段気にしていなかった所に、想像以上のアイデアやデザインが詰まっていることがあります。

 

そんなアイデアを象徴するような「マンホール」。

 

道ばたでチラッと見てみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 - 暮らし

{yahoojp} {fermata-kunihiko.com} xt01-myp12-gui-5899