海外直営店[KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ マスターシリンダー・ラージキャパシティー 【 RX-7 [FD3S] 全車 】【代引不可】 FUNCTION 型式B12 ブレーキパッド

[ENDLESS] エンドレス ZEAL 車高調 FUNCTION Xプラス (ハード) 【シビック EP3】 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)

【100%品質保証】[KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ マスターシリンダー・ラージキャパシティー 【 RX-7 [FD3S] 全車 】【代引不可】 FUNCTION 型式B12 ブレーキパッド

大友 秀剛

経歴

平成19年3月 京都大学法学部卒業
平成21年3月 京都大学法科大学院卒業
平成22年11月 司法研修所入所(新第64期)
平成23年12月 第二東京会に登録
平成23年12月 法人匠総合法律事務所入所

執筆

【著書】
『建築工事請負契約における瑕疵担保責任と損害賠償の範囲』新日本法規(共著)
『耐震化の法律読本 法的リスクを回避するためのQ&A80』建築技術(共著)
『震災復興の法律的課題 岩手県・被災地行政から寄せられた法律相談事例』日刊岩手建設工業新聞社(共著)
『住宅建築業・設計事務所・部材メーカーの説明義務と警告表示』新日本法規(共著)

主な取扱分野

各種民事紛争(特に建築・住宅紛争、契約法)、刑事事件

関心分野

独禁法、破産法、著作権法

実績

【建築紛争事件】
Rice Rocket コペン L880K PRO1 BRAKE SYSTEM ブルータイプ フロント用岩盤破砕工事の追加工事代金の支払を発注者に求めた事案
建物新築工事の途中で注文者から契約解除を主張された後に,交渉によって円満に出来高精算を達成した事案
【送料無料】KRZpower ブレーキキット 328MM+6POT レッド キャリパー SUBARU インプレッサ GF8【FS_708-5】留置権成立に基づき工事出来形を占有する旨の公示書及び仮囲い等の撤去を求める仮処分命令申立を行った事案
未払工事代金の支払を求める交渉案件①
未払工事代金の支払を求める交渉案件②
引渡済み物件の施主から床鳴り・振動等を理由として350万円の金員支払を求められた調停事案
引渡し済みの施主から瑕疵修補に代わる多大な損害賠償を求められた事案


【近隣紛争事件】
日照権等の侵害に基づく建築工事禁止・屋根の除却を求める仮処分申立をされた事案


【一般民事事件】
施主に解体・擁壁工事業者を紹介したハウスメーカーの紹介者責任が追及された事案
不貞行為の慰謝料請求をされた事案


【会社法等関連事件】
会社に対する誤振込を行った場合において,会社法第429条1項を根拠として会社の代表取締役に対して誤振込金相当額の返還を求めた事案


【労働事件】
元従業員から未払時間外労働賃金の支払を請求された労働審判事件


【刑事事件】
刑事事件における保釈却下決定に対する抗告申立が認められ,依頼者が身柄解放された事案


【破産事件】
東日本大震災の影響で受注が激減した工務店の破産申立
ワゴンR[CT21S][95/10~98/10]下記詳細要確認 ディクセルディスクローター【SD(6本スリット)タイプ】[フロント左右] アコード クーペ[CB6/CB7][90/4~94/2]ディクセルディスクローター【HST(12本スリット)タイプ】[リア左右]輸入資材を利用した家造りを主な業務内容とする工務店の破産申立
土木工事等を主な業務内容とする事業者の破産申立


【家事事件】
婚姻費用分担調停及び離婚調停において,納得いく条件で離婚が成立した事案


リベロ[CD5W][92/05~02/08]ディクセルディスクローター【HST(12本スリット)タイプ】[フロント左右]【smtb-TD】【saitama】 [KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ マスターシリンダー・ラージキャパシティー 【 RX-7 [FD3S] 全車 】【代引不可】
  • 【建物新築工事の途中で注文者から契約解除を主張された後に,交渉によって円満に出来高精算を達成した事案】請負人側 和解
  • 概要:新築建物建築工事中に,注文者から契約解除の主張をされた事案。

    解決:当方は,請負業者側として,出来高精算に向けた交渉を注文者との間で行った。注文者は,契約解除の意思表示を撤回し,依頼者に工事続行を求めたが,当方は,契約解除の意思表示撤回を認めず,注文者に対し,残工事施工業者の探索を求めた。
     その後当方は,残工事施工予定業者の現場見分に2回立ち会い,その都度 ,これまでの依頼者の工事に何ら不具合は認められないことを主張したところ,当方の主張が相手方及び残工事施工業者に理解され,当方が算定した出来高とほぼ同額での出来高精算を内容とする合意書を締結できたため,円満な形で出来形の引き渡しが達成された。  
[KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ マスターシリンダー・ラージキャパシティー 【 RX-7 [FD3S] 全車 】【代引不可】
  • 【留置権成立に基づき工事出来形を占有する旨の公示書及び仮囲い等の撤去を求める仮処分命令申立を行った事案】債権者側 勝訴
  • 概要:注文者が元請業者との間で,,請負契約を中途解約した場合は工事出来高の所有権は注文者に帰属する旨合意したところ,下請業者が元請業者からの代金不払いを理由として留置権の成立を主張し,工事出来形を占有する旨の公示書を現場に掲示し,現場周囲に仮囲いを設置した事案。
    当方は,注文者側として,下請負業者は,元請負人の履行補助者たる地位を有するにすぎないから,下請負業者は,注文者と元請負業者の合意に拘束され,工事出来形に対して独自の留置権成立を主張することはできないと主張し,当該公示書や仮囲いの撤去を求める仮処分命令申立を行った。

    解決:裁判所は,当方の主張を全面的に支持し,担保金納付を条件とする仮処分決定を行ったが,当方が担保金を納める前に相手方が任意に前記公示書と仮囲いを撤去したため,当方は担保金を納めることなく,公示書等の撤去という当初の目的を達成した。  
  • 【未払工事代金の支払を求める交渉案件①】請負人側 和解
  • 概要:基礎施工の不備・瓦の仕様違い等を理由として,残代金約900万円の支払を拒否された事案

    解決:当方は,相手方が主張する各事項について,法的に瑕疵と評価される不具合に該当しないことを説明し,相手方が求める減額要望に応じることは出来ないと回答したところ,相手方は当方の説明に理解を示し,当方が提示する金額を支払う内容の合意書を締結するに至った。その結果,本件は裁判手続に移行することなく早期解決が実現した。  
  • 【未払工事代金の支払を求める交渉案件②】請負人側 和解
  • 概要:建物新築工事完成後,約2ヶ月の工事遅延や施工不備を主張し,残代金約1780万円から500万円の値引きを求められた事案。

    解決:当方は,建築工事に施工不備はないことと工期遅延の損害金は請負契約約款に則した金額となるため,500万円もの減額に応じる余地はないことを回答したところ,相手方はこれを受け入れ,ほぼ全額の残代金の支払を内容とする和解が成立した。  
  • 【引渡済み物件の施主から床鳴り・振動等を理由として350万円の金員支払を求められた調停事案】請負人側 和解
  • 概要:引渡済み物件の施主が請負業者に対し,床鳴り・振動等の補修費用・補修工事期間中の仮住まい費用・慰謝料等として,350万円の支払を求めて調停申立を行った事案。

    解決:当方は,任意協議の段階で補修費用等の名目で150万円を支払う内容の和解案を提示していたことから,調停段階でも床鳴り・振動の発生原因に関する報告書や補修方法に関する意見書・見積書を提出し,補修費用としてはどんなに多く見積もったとしても150万円が上限である旨を主張した。これに対して調停委員が一定の理解を示したことから,合計3回の調停期日を経て,前記150万円に解決金10万円を上乗せした160万円を当方が支払う内容で和解が成立した。なお,当該160万円は前記床鳴り・振動等の補修費用名目であることから,当方は今後,当該床鳴り・振動発生箇所の保証責任を負担しないことも本和解で確認された。  
      
  • 【引渡し済みの施主から瑕疵修補に代わる多大な損害賠償を求められた事案
  • 概要: 依頼者が引渡し済みの施主から,建物に瑕疵があること,及び長期優良住宅認定を取得できるという約定であったにもかかわらずこれを取得できなかったことを理由として,約4700万円の損害賠償請求訴訟を提起された事案

    解決: 当方は,長期優良住宅認定を取得するという結果までは約定していないこと(そのため債務不履行はないこと),また,引渡し済みの建物に大きな瑕疵はないことを建築士の意見書を根拠に主張展開した。その結果,上記請求金額を大きく下回る150万円の支払を内容とする和解が成立した。  
  • 【日照権等の侵害に基づく建築工事禁止・屋根の除却を求める仮処分申立をされた事案】債務者側 保全異議審勝訴
  • 概要:依頼者が新築工事中に隣人から日照権侵害等を理由とする建築工事禁止等の仮処分命令申立をされた事案。

    解決:当方は債務者側として,本件新築工事によって建設予定の建物が建築基準法及び条例上の日影規制(建築基準法第56条の2等)に適合した建物であり,本件建物によって隣地に生じる日影が受忍限度の範囲内であるという主張を展開したが,原審では,本件建物の屋根が特徴的な形状であること等の極めて抽象的・観念的な理由で建築工事の一部中止を認容する決定が出された。
    当方は,前記不当決定に対して,即刻保全異議申立を行い,本件建物の屋根の形状が決して特異なものではないことや,建築基準法等の相隣規定に適合していることが受忍限度を超える日照阻害が生じているかどうかを判断するにあたって裁判例上相当重視されていること等について,数々の証拠を引用して丁寧に主張・立証した結果,保全異議審では,当方の主張が全面的に認められ,原審の決定は取り消された。  
  • 【施主に解体・擁壁工事業者を紹介したハウスメーカーの紹介者責任が追及された事案】被告側 和解
  • 概要:依頼者であるハウスメーカーが施主に解体・擁壁工事業者を紹介したところ,同業者が施主から預かった前受金を持って海外逃亡してしまったことから,を被った施主が前記ハウスメーカーに対し,紹介者としての責任(不法行為)を追及した裁判案件

    解決:当方は,依頼者は施主と解体・擁壁工事業者を引き合わせたに過ぎず,当然,同業者が施主から受領した前受金を持って海外逃亡することなど予想もつかなかったと主張した。そして家政婦が金品を持ち逃げしたという事案における家政婦紹介業者の不法行為責任を否定した裁判例(東京地裁昭和40年10月30日判決)と比較しても,本件で依頼者が紹介者責任(不法行為責任)を負うことはあり得ないという法的主張を展開した。
     本件は,依頼者担当者と施主本人の尋問手続が実施された後,和解協議が実施された。裁判所は,当方の上記主張に沿った心証を開示する一方で,上記業者に前受金を持ち逃げされてしまった施主の心情に配慮し,解決金・見舞金名目の金額(請求金額の10分の1以下の金額)を依頼者が支払う内容の和解を双方に打診した。当方としては,本件に関する法的責任は認められないと考えていたことから,和解をせずに判決をもらう選択肢もあったが,早期解決のメリットと相手方(施主)の心情を考慮して,裁判所が提示する和解に応じる解決とした。  
  • 【会社に対する誤振込を行った場合において,会社法第429条1項を根拠として会社の代表取締役に対して誤振込金相当額の返還を求めた事案】原告側 勝訴的和解
  • 概要:依頼者がある会社に対して誤振込を行ったため,当該会社に対して約3年にわたり誤振込金の返還を求めていたところ,当該誤振込金が費消されていたという事案。

    解決:当方は,誤振込を行った側として,誤振込金を費消した会社の代表取締役に対し,会社法第429条1項(取締役の第三者責任)に基づき,損害賠償請求を行った。
    本件のポイントは,当該代表取締役に対し,任務懈怠責任を問えるかどうかという点にあった。当方は,誤振込金は,信義則上,誤振込者に返還すべき義務があるという裁判例を引用して,誤振込金であることを知りつつ費消した代表取締役の行為は,任務懈怠を構成すると主張した。
    結果,相手方は当方の主張を認めたため,前記誤振込金の分割弁済を内容とする勝訴的和解が成立した。  
Projectμ (プロジェクトミュー) TYPE HC+ F454/R454 アテンザ スポーツワゴン GJEFW 12.11~ 【ブレーキパッド 前後セット】H APP SFIDA KG-1115ブレーキパッド フロント用CTGE24ホーミー 90/8~92/10
  • 【元従業員から未払時間外労働賃金の支払を請求された労働審判事件】会社側 和解(労働審判)
  • 概要:依頼会社の元従業員が依頼会社に対し,在職中の時間外労働手当に未払があるとして,付加金も併せて約470万円の支払を求めて労働審判を申し立てた事案。

    解決:当方は,相手方の勤務状況をよく知る上司の陳述書や会社建物のセキュリティ記録を提出し,相手方が証拠として提出した出勤記録の信用性が低いことを強く主張した。また,相手方の勤務時の不当行為によって会社に損害が発生している可能性が高いことも主張し,相手方の請求には理由がないと主張した。
     労働審判員は,当方の上記主張に一定の理解を示し,相手方に和解を促した結果,当方が相手方に解決金10万円を支払う内容で和解が成立した。  
  • 【刑事事件における保釈却下決定に対する抗告申立が認められ

    ,依頼者が身柄解放された事案】
  •  大麻取締法違反被告事件の被告人であり,かつ,容疑を否認する依頼者の身柄を解放するため,第1回公判期日後において保釈請求を行ったところ,地方裁判所は,依頼者が証拠隠滅に及ぶ恐れがあるとして,保釈請求を却下する決定を行った。これに対し,当方は,既に公判によって大部分の書証の証拠調べが済んでいることや,無罪を主張する依頼者が自らの罪を自認するかのような証拠隠滅に及ぶはずがないことを主張し,却下決定は不服として,高等裁判所に対して保釈却下決定の取消を求める抗告を申し立てたところ,高等裁判所は当方の主張を認め,却下決定を取り消した上で,保釈を認める決定を行った。
     この結果,依頼者は無事に身柄を解放され,家族の元へ帰ることができた。  
コロナ・プレミオ【81.9~85.7】【TA61/AA63】アクレブレーキパッド ダストレスリアル■フロント左右セット■適合詳細要確認●受注生産品●
  • 【東日本大震災の影響で受注が激減した工務店の破産申立】
  •  債権者数約65名,負債総額約1億1000万円 破産申立代理人  
  • 【輸入資材を利用した家造りを主な業務内容とする工務店の破産申立】
  •  債権者数約70名,負債総額約1億3000万円 破産申立代理人  
  • 【土木工事等を主な業務内容とする事業者の破産申立】
  •  債権者数約10名,負債総額約8500万円 破産申立代理人  
  • 【婚姻費用分担調停及び離婚調停において,納得いく条件で離婚が成立した事案】
  • 概要: 幼い子供2人を残して家を出た夫から離婚を求める名義の文書が送付されたため,当事務所が妻の代理人となって申し立てた婚姻費用分担調停と相手方から申し立てられた離婚調停が並行して実施された事案
    解決: まず妻及び子供2人の生活保障の観点から,婚姻費用分担調停が成立し,一定の金額を夫から受け取れる状況となった。その後,離婚調停手続においても当方は,夫のこれまでの言動や夫が家を出た経緯等を丁寧に調停委員に説明し,結果としてマンション・車・学資保険といった各財産の名義移転及び将来の養育費用を一括で支払ってもらうという内容で調停離婚が成立し,妻の離婚後の生活が保証される結論となった。  
     
  • 【不貞行為の慰謝料請求をされた事案】
  • 概要: 依頼者の交際相手が既婚者であることを認識していなかったにもかかわらず,これを認識していたとして,交際相手の配偶者より慰謝料請求をされた事案
    解決: 訴訟・調停に至る前に,,,相手が既婚者であることを認識していないという当方主張を前提とする円満和解が成立した。  
 

[KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ マスターシリンダー・ラージキャパシティー 【 RX-7 [FD3S] 全車 】【代引不可】 FUNCTION 型式B12 ブレーキパッド通販のショップへ!

{yahoojp} {takumilaw.com} xt01-myp12-gui-1327